解説

  • 2017年08月07日
    環境省による2010年に名古屋で開催された生物多様性条約締結国会議(COP10)のロゴ 答 遺伝子組み換え作物は、各国で使われ、今では28カ国で生産されています。中国、インドなど開発途上国でも使われています。各国で地域の
  • 2017年07月20日
    写真・活用が進むドローンは農薬散布にも使われ始めた(提供・クボタ) 答・ 遺伝子組み換え作物の利用で、農薬の使用は減ります。特定の除草剤を1回散布するだけで雑草だけを効果的に枯らすものや、特定の害虫だけ防除できる遺伝子組
  • 2017年07月20日
    さまざまな形のトウモロコシ(提供、フリーストックフォト) 答 遺伝子組み換え作物で、食べた人や動物への健康被害は起きていません。また周辺環境の悪影響も観察されていません。被害が科学的にこの種の作物が販売されて20年経過し
  • 2017年07月18日
    写真、北海道の大規模な農場(写真提供・ぱくたそ) 疑問1・遺伝子組み換え作物は収穫量を増やすのでしょうか? 答・ 遺伝子組み換え作物は、収穫量の増加につながります。収穫量の増加に特に貢献しているのが、害虫抵抗性という特性
  • 2017年07月07日
    【出席者】 石破茂(衆議院議員・自民党) 市川まりこ(食のコミュニケーション円卓会議代表) 小野寺靖(農業生産者、北海道) 小島正美(毎日新聞編集委員) 司会:池田信夫(アゴラ研究所所長) 映像 まとめ記事・成長の可能性
  • 2017年07月07日
    【出席者】 石破茂(衆議院議員・自民党) 市川まりこ(食のコミュニケーション円卓会議代表) 小野寺靖(農業生産者、北海道) 小島正美(毎日新聞編集委員) 司会:池田信夫(アゴラ研究所所長) 映像 まとめ記事・成長の可能性
  • 2017年07月07日
    16年12月20日に行われた「第6回アゴラ・シンポジウム 成長の可能性に満ちる農業−新技術と改革は日本再生の切り札になるか」で、自民党衆議院議員の石破茂氏が基調講演を行った。その要旨は以下の通り。 映像 まとめ記事・成長
  • 2017年07月07日
    アゴラ研究所は2016年12月20日、農業技術情報の提供を行う日本バイオテクノロジーセンターと共催で、第6回アゴラ・シンポジウム「成長の可能性に満ちる農業−新技術と改革は日本再生の切り札となるか」を開催した。 映像 まと
  • 2017年07月07日
    (上・ITで生産増)より続く 受け入れられた遺伝子組み換え作物 イリノイ州の農家のダン・ケリーさん(68)の農場も訪れた。 よく手入れされた美しい農園だった。大学卒業後に会社務めをした後で、父親の農場を手伝いながら金を貯
  • 2017年07月07日
    技術導入が農業を成長させた 米国は世界のトウモロコシ、大豆の生産では常にトップ。穀物全体の生産量も常に上位だ。コストの高い先進国でこれほど農業の強い国はない。なぜだろうか。 その理由の一つを8月に現地訪問して理解できた。
  • 2017年07月07日
    食糧不足は技術で解決できるのか? 「食糧が足りなくなるのではないか」 世界各地から、こんな懸念が聞こえる。人口の急増、気候変動による農業生産への悪影響が伝えられているためだ。多くの人が不安を抱いているだろう。 この問題を
  • 2017年07月07日
    「遺伝子組み換え作物は安全なのか」。多くの人の抱く問いに、科学的な検証が行われている。 最も包括的、かつ最新の検証結果として、米科学アカデミー(NAS)は2016年5月、遺伝子組み換え作物は人間や動物が食べても安全であり

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑