遺伝子組み換え作物とは

  • 2017年07月18日
    田部井豊 農研機構上席研究員 (写真は小麦、提供ぱくたそ) 利用の広がるGM作物 遺伝子組換え技術は、医療分野や工業分野などにおいても不可欠な技術である。2015年における遺伝子組換え技術を用いて製造された製品の市場規模
  • 2017年07月10日
    (アゴラ研究所のご厚意で転載させていただきます。) 世界の農業では新技術として遺伝子組み換え作物が注目されている。生産の拡大やコスト削減、農薬使用の抑制に重要な役割を果たすためだ。ところが日本は輸入大国でありながら、なぜ
  • 2017年07月10日
    市川まりこ 食のコミュニケーション円卓会議 不安情報が気になるのは当たり前 (写真はイメージ)赤ちゃんと食の関係は、常にお母さんらが心配する(提供はぱくたそ) もうずいぶん前のことになりますが、私は最初の子どもに離乳食を
  • 2017年07月07日
    【出席者】 石破茂(衆議院議員・自民党) 市川まりこ(食のコミュニケーション円卓会議代表) 小野寺靖(農業生産者、北海道) 小島正美(毎日新聞編集委員) 司会:池田信夫(アゴラ研究所所長) 映像 まとめ記事・成長の可能性
  • 2017年07月07日
    【出席者】 石破茂(衆議院議員・自民党) 市川まりこ(食のコミュニケーション円卓会議代表) 小野寺靖(農業生産者、北海道) 小島正美(毎日新聞編集委員) 司会:池田信夫(アゴラ研究所所長) 映像 まとめ記事・成長の可能性
  • 2017年07月07日
    アゴラ研究所は2016年12月20日、農業技術情報の提供を行う日本バイオテクノロジーセンターと共催で、第6回アゴラ・シンポジウム「成長の可能性に満ちる農業−新技術と改革は日本再生の切り札となるか」を開催した。 映像 まと
  • 2017年07月07日
    (アゴラ研究所の協力で、以下のシンポジウムの内容を転載させていただきます) 日本の農業の姿が変わろうとしています。規制と補助金主導から、自立と競争への転換です。改革が遅れた分野ですが、それゆえに発展に大きな「伸びしろ」が
  • 2017年07月07日
    (上・ITで生産増)より続く 受け入れられた遺伝子組み換え作物 イリノイ州の農家のダン・ケリーさん(68)の農場も訪れた。 よく手入れされた美しい農園だった。大学卒業後に会社務めをした後で、父親の農場を手伝いながら金を貯
  • 2017年07月07日
    (写真1)勢いよく成長する遺伝子組み換えダイズ(茨城県河内町のモンサント実験農場で) 遺伝子組み換え(GM : Genetically Modified)作物の農場見学会があった。日本モンサントが茨城県河内町に持つ実験農
  • 2017年07月07日
    (写真)クルード博士 以下から続く 遺伝子組み換え作物、健康被害なし-米科学アカデミー報告1 遺伝子組み換え、専門家が不安に答える-米国科学アカデミー報告2 反対派を含めて情報を集め公開 問・信頼性を確保するためにどうし
  • 2017年07月07日
    「遺伝子組み換え作物、健康被害なし-米科学アカデミー報告1」より続く 米国科学アカデミー(NAS)は2016年5月、「遺伝子組み換え作物-経験と見通し」(Genetically Engineered Crops – Ex
  • 2017年07月07日
    「遺伝子組み換え作物は安全なのか」。多くの人の抱く問いに、科学的な検証が行われている。 最も包括的、かつ最新の検証結果として、米科学アカデミー(NAS)は2016年5月、遺伝子組み換え作物は人間や動物が食べても安全であり
2 / 212

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑