農業技術

  • 2018年08月28日
    栄養の供給に期待が集まるゴールデンライス(ゴールデンライス人道委員会同委員会HPより) 答 世界の人口が爆発的に増えています。2015年に約70億人だった世界人口は2050年までに90億人を超えるでしょう。遺伝子組み換え
  • 2018年08月17日
    (写真1)イベントの様子 科学知識をどのように社会に広げていくか。科学教育や広報、サイエンスコミュニケーションにかかわる人は、悩み、試行錯誤を重ねている。 遺伝子組み換え技術も、正しい知識が社会に定着しなかった残念な例で
  • 2018年03月22日
    遺伝子組み換え作物について、表示制度が大きく変わろうとしている。3月末に消費者庁がこの問題をめぐる食品衛生の制度見直しをまとめた。しかし、制度の中身は不透明なところが多い。 審議会では、「遺伝子組み換えでない」と表記でき
  • 2018年01月22日
    2017年12月4日、消費者団体「食のコミュニケーション円卓会議」主催で「スギ花粉症を治す・予防する花粉米セミナー2017」が開催されました。今回はその様子をお伝えするパート2(後編)です。   パート1(前編
  • 2018年01月22日
    (編集部より)遺伝子組み換え技術を利用し、スギなどの花粉症を、お米を食べて直す研究が行われています。昨年12月に行われたセミナーについて、リポートを提供します。サイト「花粉症クエスト」からの転載です。 (以下本文) 12
  • 2017年07月31日
    インドの遺伝子組み換えワタと農民の自殺は関係ない。 (英紙ガーディアン記事・リンク) 「遺伝子組み換え作物、7つの疑問・はじめに」より続く 答 遺伝子組み換え作物は、開発途上国から先進国まで、農家の収入を増やしています。
  • 2017年07月07日
    【出席者】 石破茂(衆議院議員・自民党) 市川まりこ(食のコミュニケーション円卓会議代表) 小野寺靖(農業生産者、北海道) 小島正美(毎日新聞編集委員) 司会:池田信夫(アゴラ研究所所長) 映像 まとめ記事・成長の可能性
  • 2017年07月07日
    (上・ITで生産増)より続く 受け入れられた遺伝子組み換え作物 イリノイ州の農家のダン・ケリーさん(68)の農場も訪れた。 よく手入れされた美しい農園だった。大学卒業後に会社務めをした後で、父親の農場を手伝いながら金を貯
  • 2017年07月07日
    技術導入が農業を成長させた 米国は世界のトウモロコシ、大豆の生産では常にトップ。穀物全体の生産量も常に上位だ。コストの高い先進国でこれほど農業の強い国はない。なぜだろうか。 その理由の一つを8月に現地訪問して理解できた。
  • 2017年07月07日
    食糧不足は技術で解決できるのか? 「食糧が足りなくなるのではないか」 世界各地から、こんな懸念が聞こえる。人口の急増、気候変動による農業生産への悪影響が伝えられているためだ。多くの人が不安を抱いているだろう。 この問題を
  • 2017年07月07日
    「遺伝子組み換え作物、健康被害なし-米科学アカデミー報告1」より続く 米国科学アカデミー(NAS)は2016年5月、「遺伝子組み換え作物-経験と見通し」(Genetically Engineered Crops – Ex

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑